ハウスこくまろバターチキンカレーを家族で食べてみた!【美味いレビュー】【時短メニュー】

HIKARI

こんにちは、HIKARIです。

わが家はカレー大好き一家で、子どもたちからは3日に1回は「カレー」をリクエストされます。

カレーって簡単なのですが、材料切って、15分煮込んで、ルーを入れて、さらに10分煮込む…となると意外と時間がかかってしまいます。

そこでおすすめなのが、

15分でできる!ハウス食品のコレ!

こくまろバターチキンカレー≪甘口≫です!

外食で人気のバターチキンカレーが家庭の味に!牛乳で仕上げるカレールウが新登場 !「こくまろバターチキンカレー」<甘口> (ハウス食品、2020年9月に発売)

ずっと気にはなっていたのですが、とうとう試してみたのでご紹介したいと思います。

目次

ハウス食品 こくまろバターチキンカレー の商品説明

コクがありクリーミーな、家族みんなが食べられるカレーです。あめ色玉ねぎのコク、生クリームのまろやかさに加えて、バターのまろやかさ、トマトの旨み・酸味が味わえます。

鶏もも肉玉ねぎ牛乳を使用してフライパンで作ることができます。

パッケージはこんな感じです!ハウス食品おなじみのパッケージですね。

一箱で8皿分、ルウは中央で分割可能にパックされているので4皿分から作ることができます

お家でバターチキンカレーが作れるの!?ていうところと、濃厚なバターチキンカレーができあがりまでわずか15分で完成する!というところが忙しいワーママにはありがたい!!

きっと商品に”甘口”て書かれてることからも、子どもが好きに違いない!!と思いました。

ハウスこくまろバターチキンカレーの作り方

材料も作り方もとってもシンプルです。

材料(8皿分)

鶏肉(もも)…2枚、玉ねぎ…中1個、サラダ油…大さじ1、水…350ml、牛乳…300ml

わずか15分で完成!手順

STEP
材料を切って炒める

鶏肉は一口大に切り、玉ねぎは薄切りにする。

フライパンにサラダ油を熱し、鶏肉と玉ねぎを入れて中火にかけ、鶏肉に火が通るまでよく炒めます。

STEP
煮込む

水を加えて沸騰させ、弱火~中火で約5分間煮込みます

STEP
ルウを入れる

いったん火をとめ、ルウを入れてしっかり溶かします

STEP
再び煮込む

牛乳を入れて良くかき混ぜる

再び弱火で時々かき混ぜながら約5分間煮込んだら完成

鶏肉にひと手間!

  • カンタン!塩麹につけこむ
  • 塩をすり込み酒につけこむ
  • 水・砂糖・塩につけこむ

材料がシンプルだからこそ、メインのチキンをおいしく食べたい

ハウスこくまろバターチキンカレーを食べてみた感想

甘口ということもありお店で食べるバターチキンカレーとは違いますが、みんなが好きな味わいだと思います。3人の子ども達は大満足でした。

甘口派の主人も、これはアリ!全然アリ!美味しいとのことでした。

まさにコンセプト通り、「家族みんなで食べられる」そんな商品です。

ただし、お店の味や辛口(中辛)を求めている人には物足りないと思います

とはいえ何より、このクオリティーのカレーが15分でできあがるのは本当に素晴らしいですし、とても魅力的です。

牛乳を使うことでクリーミーでまろやかに仕上がっているので、パンやナンにつけて食べても抜群だと思います。わたしはライスなしで胡椒をふりかけて、おつまみとしていただきました!

通常のカレーと一緒で翌日の朝にいただいたら味がしっかりと馴染んでとってもおいしかったです。

長女ちゃん

食べやすくてすっごいおいしい!!

HIKARI

普通のカレーより、あっという間にできて簡単!
ぜひ試してみてください☆

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる