日本トリム【電解水素水で実感した効果について】9年間愛用したわたしが共有したい電解水素水整水器の4つのメリット!

HIKARI

こんにちは、HIKARIです。

いきなりですが、皆さんは「水」のこと、普段どれくらい気にしていますか?

「人間の体の6割は水でできている!」とか「水道水は体に危険だから飲んじゃダメ!」とか、中には本当の情報もあると思いますが、危機感を過剰にあおられている気がするものもあって、

飲み水ってこだわったほうがいいの?気にしなくていいの?

と悩んでしまいますよね。

今回はこの疑問に、わたくしHIKARIなりのアンサーを出したいと思います。

わたしの結論としては、

効果をすべて鵜呑みにしないながらも、水にはこだわるべき

と思っています。

普段から体にいい生活を心がけると将来かかるかもしれない病気を予防できるように、元気な今のうちから生きるために欠かせないお水にこだわることは、とても大切だと思うんですよね。ただし、お水にこだわっているから、病気が治る!といった過信は禁物です。

そこで今回、わたしが皆さんに共有したいおすすめのものが、「電解水素水整水器」です。

この記事の内容は
  • 電解水素水ってなに?
  • 普通の浄水器と整水器では何が違うの?
  • 電解水素水はどう体にいいの?

といった基本的な情報をご紹介しつつ

  • 「電解水素水整水器」の種類
  • 「電解水素水整水器」選び方

についてまとめていきます。

この記事はこんな方におすすめ!
  • 水にこだわりたい方
  • 電解水素水に興味のある方
  • 小さなお子様のいる親御さん
  • 健康や美容を意識している方

ウォーターサーバーの購入を考えている方、水にこだわってみようかな、という方の参考になれば、嬉しく思います。

目次

そもそも電解水素水とは?

水素水」といえば、度々話題にのぼることがあり、芸能人やアスリートの方々がよくおすすめしています。一般的に「水素水」は”健康にいい!”や”美容にいい!”と謳われています

ただ今回紹介をするのは「電解水素水」です。

「え?水素水じゃないの?」と思われますよね。
市販の水素水の多くは、水に水素ガスのみを含ませたものです

電解水素水は、簡単に説明をすると水素を含んだアルカリ性のお水です。
アルカリイオン水」という呼び方のほうが、もしかしたら一般的かもしれません。

お酒やレモン汁などの刺激のある水分は「酸性」で、私たちが普段使う水道水は体に害のないよう「中性」に調節されています。

そして、電解水素水はミネラル成分が含まれているため「アルカリ性」になります

電解水素水とは

「水素」と「ミネラル」を含んだ「アルカリ性」の水ということになります。

「電解水素水」自体の整腸効果は、医薬品医療機器等法(旧薬事法)で認められていて、水素をたくさん含んだアルカリ性の水が胃腸の働きを活発にして、便秘や胃もたれを解消し予防が期待できるとされています

整水器と浄水器の違い

今回わたしが紹介したいのは、この電解水素水を作る「整水器」です。

一般的な「浄水器」との違いを簡単に説明すると、以下のようになります。

  • 浄水器は、水道水不純物を除去して綺麗な水を作り出す機器
  • 整水器は、浄水をさらに電気分解して電解水素水や酸性水など様々なお水を生成できる機器

このように、2つとも似た名前や機能を持ってはいますが、実際はまったくの別物です。

ではなぜ、浄水器で十分綺麗で飲み水に適した水を出せるのに、

電解水素水整水器をおすすめするの?

電解水素水が「水素」や「ミネラル」が含まれていて胃腸に良いらしい、ということはなんとなくわかっていただけたと思います。

いわゆる「健康にいい!」と言われているものは、人それぞれの感覚もありますし、実証することがとても難しいんです。

また、現時点においては、電解水素水を飲んで「胃もたれがなくなった」「お通じがよくなった」「肥満に効果があった」などさまざまな声はあがっていますが、科学的根拠と言えるまでのレベル・実験数に達していないと言えるのが現実です

こういったことからも過信は禁物ということが分かった上で、この記事では、私の9年間の電解水素水整水器のある生活から実際に感じた生の効果・4つのメリットを、皆さんと共有したいと思います。

電解水素水整水器を使い始めて感じた良い効果

1.胃腸の調子がよくなる

わたしも主人もお酒が大好きで、晩酌や外食で飲むことがよくあります。9年間寝る前に電解水素水を飲む習慣ができあがっているので、ちょっと飲み過ぎたなぁ、食べ過ぎたなぁ、という時にも翌日はすっきりしていることが多いです。

わたしは軽度の便秘症でしたが、水をよく飲むようになったということもあり、解消されています。

直接的な効果かどうかはわかりませんが、わたしが20キロダイエットを成功させたときも「電解水素水」は意識して摂取していました

また、胃腸は免疫力と深い関係にあり胃腸の調子がいいと免疫力をあげることになります。免疫力が低下すると体調不良を起こしやすくなります。風邪やインフルエンザ・コロナウイルスの対策としても、この「免疫力を高める」ことは常に意識していたいところです

この他にも、腸は「第二の脳」とも言われていて、ただ栄養を吸収するだけでなく、幸せホルモンと呼ばれる『セロトニン』を作り出すなど心の健康にも大きな影響を与えているそう。
つまり、胃腸の調子がよくなれば、ストレス解消ややる気の上昇といった心の調子もよくなるということらしいです。

正直この「免疫力があがった」や「ストレスがなくなった」というところにおいては、もともと「風は引かない方」であり「ストレスを抱え込まない方」なので名言はできません。笑

子どもたちに対してストレスが抑えられてこの程度のイライラでおさまってるのか、とも思いますが、そうだといいなぁ、といった程度です。笑
(いやほんと、もっとひどい可能性もありますからね)

2.整水器は手軽にいろいろな使い方ができる

料理用の水として使う

電解水素水は抽出力にすぐれているため、「飲む」以外にも料理の際に素材の持ち味を引き立ててくれる働きがあります

具体的には、お米を炊くときはふっくらつややかなお米が炊き上がります
水出しをしたお茶はすぐに成分が抽出されマイルドでおいしいくなりますし、野菜のアク抜きにも使えます

洗浄用として使う

整水器は浄水を電気分解した際に「電解水素水」と人の肌に優しい弱酸性の水(酸性水)を作りだします。そしてこの「酸性水」にも便利な使い方があります。

酸性水は飲み水には適していませんが、「洗浄」という使い道があります。石けんや洗顔料などでよく聞かれる弱酸性の成分は、それ自体に殺菌効果があり、手洗いや食器の洗浄・部屋の掃除の時に使えます

もちろん完全にウィルスなどを除菌するというものではありませんが、このご時世だからこそ、わが家では意識をして使っています。

浄水を使う

また「浄水器」としての機能も備えているため、中性の綺麗な水赤ちゃんのミルクづくりや薬の服用時にも安心してつかえます。

HIKARI

ボタンひとつで「電解水素水」「酸性水」「浄水」が切り替えられ、整水器1つでいろんな使い方ができるところも、とても優れているところですね。

3.ランニングコストが意外と安い

わが家で愛用している日本トリムの『TRIM ION NEO』で計算していきます。

本体価格は税込み¥180,400 +(取付工事費別)
1日27L使用した場合、1年に1度カートリッジ交換が必要。カートリッジ代¥10,450

1日27Lを5年間使用した場合500mlあたり2.4円(※電気水道代は1ヶ月約100円程度です)

ペットボトル1本分の金額が約2.4円・・・こちらには取付工事費や、水道電気代等は入っていませんが、そこを足しても、思ったより高くはないな、という印象を受けませんか?

しかもペットボトルのようにゴミが出ないため、環境にも配慮できます

また、整水器のプラチナメッキ電極の寿命は耐久性に優れているため、『TRIM ION NEO』で約1,400時間。1日15分60リットル使った場合でも、約5,600日(15年)使用できる計算になります

HIKARI

電解水素水は、決してセレブ御用達ではありません

4.電解水素水はおいしい

これは、声を”大”にして言いたいです。

この「電解水素水」はとってもおいしいです!!

基本的にHIKARI家の子どもたちは「何飲む?」と聞くと「水!」と答えます。
電解水素水でつくった水出しのお茶もまろやかな風味になりますが、キホンこの水で満足しています。


単純にお水をよく飲むようになったことで、ジュースなど清涼飲料水を飲む量が減り、健康を維持できることもあるかもしれません

余談ですが、大人としては水素水で割ったお酒のおいしいこと!
こちらは飲みすぎると体によくはないので気を付けなければならないところです。

≪参考≫日本トリム整水器 雑誌「Dr.クロワッサン」免疫力が上がる食べ方<2020.5.28発行>で紹介されています。

整水器の選び方

整水器はさまざまな種類があるため、いざ整水器を選ぶとなると難しいところもあるので紹介したいと思います。

冒頭にあげましたが、”水”によりこだわって整水器を選ぶとなると事前に知識を得ておきたいと思います。整水器選びにおいて重要なポイントをまとめていきます。

整水器の種類で選ぶ

①据置タイプ

据置タイプはキッチンシンクの上など空いているスペースに置いて使用します。

メリット比較的価格が安く抑えられ、取り付けが簡単な面です。

デメリット配置スペースが必要になりインテリアへの影響がでるところです。

②ビルトインタイプ

ビルトインタイプはアンダーシンク型とも呼ばれるタイプで、キッチンシンクの下に取り付け・格納できるタイプです。

メリット見た目がすっきりすることと除去性能などが優れているものが多いところです。

デメリットは据置タイプより本体の価格が高くなる傾向があり、取り付けがやや複雑な工事になる面です。

整水器の除去性能を確認する

日本産業規格 - Wikipedia
日本産業規格(Wikipediaより)

整水器は製品によって除去性能が変わってきます。整水器が除去できる有害物質は、JIS規格で13種指定されています

JIS規格に含まれる成分のうち残留塩素と2-MIB(カビ臭)が水の美味しさに関わる項目で、濁りや溶解鉛・CAT(農薬)など残りの11種類が水の安全性に関わる有害物質と考えられています。他にもメーカー基準で選定した有害物質を除去する整水器もあり、こだわるのであれば除去性能もしっかりチェックしておきたい項目です。

整水器のカートリッジの仕組み、交換周期を確認する

①活性炭

炭素の効果により塩素やカルキ臭などを取り除く効果があります

メリットカートリッジ内のカビや細菌の繁殖を防ぐ効果もあると言われており、価格的にも比較的手頃になっています。

デメリットは交換周期が短くなりがちなため、長い目で見るとランニングコストが高くなってしまうことも考えられます

②活性炭とろ過膜式

活性炭と中空糸膜と呼ばれる仕組みを合わせたものです。中空糸膜はミクロン単位の細かい穴が無数に空いた構造になっています。

メリットはより細かい不純物を取り除けるため、鉄さびや砂・微生物といった粒子状の不純物を除去できる点です。

デメリットとしてはカートリッジ自体のコストがあがるところです。

③逆浸透膜

逆浸透膜は、水分子しか通さず、それ以外の不純物は通さない性質を持ちます。

メリットは水の浸透圧を利用しており、除去能力が非常に高いところです。

デメリットは除去する際に廃棄水が多く出てしまうこと・時間が掛かってしまう事・体に有益とされているミネラルなども除去してしまうところです。

整水器のサイズやデザインで選ぶ

整水器を購入する前に必ず設置スペースを確認し、設置できるサイズのものを選びましょう。サイズ・デザインともに最近はスリムでスタイリッシュなものも増えてきているのでそこまで広いスペースは必要としないですが大切な項目です。

整水器メーカーで選ぶ

整水器はさまざまなメーカーが販売しており、メーカーごとに特徴もさまざまです。整水器といえば「Panasonic」と「日本トリム」の名前がよくあがると思います。それぞれの特徴をまとめていきます。

Panasonic(パナソニック)

パナソニックの整水器はとにかくラインナップが豊富です。通常のアルカリイオン水の他に強アルカリ性や強酸性といったさまざまな水が生成できる整水器が揃います

価格帯も広くリーズナブルなものから高性能のモデルまで揃っています

日本トリム

日本トリムは整水器の日本トップシェアの大手メーカーです。臨床研究などを積極的にすすめている会社であり日本はもとより、アメリカ・イギリスなどの医学誌・学術誌へ、多くの論文を発表しています。

価格は10万円以上と高価ですが、本格的な整水器を探している方におすすめのメーカーです。

まとめ

ずばり!わたしHIKARIが思う、「整水器」の4つのメリット

  1. 健康的な生活が期待できる(胃腸の調子が良好)
  2. 日常的にいろいろな用途につかうことができる(手軽さが魅力)
  3. 電解水素水がとにかくおいしい
  4. 意外とランニングコストが安い

「整水器」のデメリット

  • 高額な初期費用がかかる
  • 設置工事が必要になる場合がある

この4つのメリットは、わたしが9年間愛用してきた中で確かに実感した、皆さんにおすすめできるポイントです。

わが家で9年前に購入したのはこちらです。

日本トリム製 蛇口から取水型 据置タイプ
TRIM ION NEO ¥本体標準価格¥164,000(税抜 / 取付工事費別)カートリッジ代¥10,450(1年に1度交換)

9年前にこちらを購入したきっかけは主人が子どもたちのためにも水にこだわりたいと強く主張したことです。わたしはその時はまだ半信半疑でしたが、購入前に日本トリムの方に実際に家に来ていただき「電解水素水」について、製品について詳しく説明をしていただきました。

会社の信頼性、製品の安全性、機能、費用、全て納得をして設置をしました

正直、おいしい水であればウォーターサーバーの普及もしていますし、ミネラルウォーターで十分満たされると思います。

わたしたちは “選択” することができるのです。

普通に水を飲んでいて普段から困ることもありません。こういった効果は人によってさまざまですし、一概に健康にはこれが一番!とは言えません。

今では「水」を買うこともあたりまえですが、昔は水を買うということはありませんでした。

わが家もそうであったように、家族や子どもを持った時に「守りたい気持ち」が強くなります。「水」や「空気」にこだわり、より健康に対する意識を持っている人が増えていると思います。

今年はコロナウィルスによって、コロナだけでなく体調を崩すことに不安を抱えながら生活してきました。

そんな”今”だからこそ!暮らしの一部である「水」について考えてみてもいいのかなと思います。

そんな方へ、この記事を読んで整水器がひとつの選択肢となってもらえると幸いです

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる