【中1、1学期】正の数、負の数『乗法と除法』のわかりやすい教え方~教える手順、ノートのとり方、問題もあります!

こんにちは、HIKARIです。

中学に入ると部活やスポーツで子どもはどんどん忙しくなってきます。ママも自由になる時間が増えてきてちょっと寂しく感じることもあるのではないでしょうか。

部活動と勉強の両立を応援するべく始めた、「ママが教えるシリーズ」をどうぞよろしくお願いします。

このシリーズではママも一緒に勉強して思い出しながら、子どもに教えれるような解説をしています。目的は授業を楽しく受けれるよう理解をすること公立高校入試に備えた「これだけはおさえておきたい!」を取りこぼすことなくまとめています。(くれぐれも難関私立高校には対応してませんので、ご理解ください。

それでは、「乗法と除法」のわかりやすい教え方、ノートのとり方、練習問題を進めていきたいと思います。

ウォーミングアップ、やってみよう!

集中力を高めるために、100マス計算をしてみよう!

100マス計算 かけ算《PDF》

目次

正の数、負の数の「乗法」とは

乗法とは・・・かけ算のことを乗法ともいう。乗法の結果がである。

乗法の計算について

乗法の計算のポイント

  1. 同符号の2数の積→絶対値の積に正の符号をつける。(+)×(+)や(-)×(-)→符号は+になる
  2. 異符号の2数の積→絶対値の積に負の符号をつける。(+)×(-)や(-)×(+)→符号は-をつける
  3. a×0=0、0×a=0
  4. a×(-1)=-a、(-1)×a=-a ※-1をかけることは、その数の符号を変えることと同じ
練習問題
回答

3つ以上の数の乗法について

いくつかの数の積の符号は、負の数の個数によって決まる奇数→符号はマイナス(-)偶数→符号はプラス(+)

練習問題

次の計算をしなさい。

回答

累乗と指数について

HIKARI

「素因数分解」で習った累乗と指数について復習しよう!

同じ数をいくつかかえたものを、その数の累乗といい、右肩に小さく書いた数を指数という。

練習問題
回答

正の数、負の数の「除法」とは

除法とは・・・わり算のことを除法ともいう。除法の結果がである。

除法の計算について

除法の計算のポイント

  1. 同符号の2数の商→絶対値の商に正の符号をつける。(+)×(+)や(-)×(-)→符号は+になる
  2. 異符号の2数の積→絶対値の商に負の符号をつける。(+)×(-)や(-)×(+)→符号は-をつける
  3. 0をどんな数でわっても商は0になる。0÷a=0 ※どんな数も0で割ることはできない
練習問題

次の計算をしなさい。

回答

逆数の利用について

HIKARI

分数の逆数を思い出してみて!正負の数のわり算でも逆数を利用して計算するよ。

積が1となる2数の一方を、他方の数の逆数という。
✓正負の数でわることは、その数の逆数をかけることと同じである。

練習問題

逆数を利用して、次の計算をしなさい。

回答

乗除混合の計算

✓乗法と除法の混じった式では、符号を決定して、逆数を使って乗法だけの式になおして計算する。
✓累乗があるときは、先に累乗の計算をする

練習問題

次の計算をしなさい。

回答

四則混合の計算

✓加法、減法、乗法、除法をまとめて四則という。
✓四則混合の計算の順序は「累乗→かっこの中→乗法・除法→加法・減法」である。

練習問題

次の計算をしなさい。

回答

分配法則について

正負の数でも、次の計算法則=分配法則が成り立つ。

HIKARI

計算の順番としてはかっこ内が先ですが、分配法則を利用すると、計算がカンタンになる場合があります

ノートのとり方

HIKARI

ノートを見やすくとっておくと、試験のときの見直しにとても役に立つよ!PDFを参考にしてね。

≪参考≫正の数、負の数『乗法と除法』_ノートのとり方(PDF)

まとめ、おすすめ問題集

正の数、負の数の単元が続いていますが、とにかくここではたくさん計算することが大事です。整数、小数、分数、どれでもミスなく正確に計算できるようたくさんの問題を解いていきましょう

こういった計算問題は入試でも正解率が高い問題です。誰もが正解する問題でミスをしてしまうと、その分難しい問題や他の科目で挽回しなければならなくなります。

着実に正解率を100%に近づけましょう。

正確に計算するためにも、必ず途中式を書くクセをつけましょう。

入試対策問題集など、数学はとにかく解く!解きまくる!!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

次の単元はこちら↓↓↓

HIKARIがオススメする!
家勉ちゃんの通信教育

幼児教育から大学受験まで、幅広い教材

自宅にいながら、Z会講師の質の高い授業を受講可能

圧倒的な実績と信頼

資料請求はこちら


よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる